トリキュラーとは|安心安全に避妊したい方へ/ヤーズを服用しての避妊方法

安心安全に避妊したい方へ/ヤーズを服用しての避妊方法

カプセルと錠剤

トリキュラーとは

ヤーズがどんな低用量ピルなのかを説明する前に、まずは日本でよく処方されているトリキュラーについて紹介しておきましょう。

トリキュラーは第2世代3相性ピルとなっています。
低用量ピルは黄体ホルモンを含んだ医薬品で、服用することで強制的に体内のホルモンバランスを妊娠時の状態に変化させ、それによって着床や排卵、受精を防いでくれます。
第1世代の低用量ピルは黄体ホルモンの含有量が多く、副作用を起こしやすい傾向にありました。
そこで開発されたのが第2世代の低用量ピルで、総合的な黄体ホルモンの量を少なくしながらも、強力な効果を発揮してくれるのです。
ただし、第2世代の低用量ピルを服用しても、副作用はどうしても出る可能性があります。
そこで、少しでも副作用が発症する可能性を抑えるためにできたのが、3相性ピルです。
低用量ピルは28日間の服用期間を1サイクルとしており、そのうち21日間は毎日1錠ずつ服用していかなければいけません。
しかし、3相性ピルの場合は錠剤によって黄体ホルモンの含有量が違っており、日数によって服用する錠剤が決まっています。
これによって徐々にホルモンバランスを変化させていくことができるため、副作用が起こりにくくなっています。

トリキュラーはこのような低用量ピルになっているため、安心して服用することができます。
ただし、どの低用量ピルも同じですが、正しく服用しなければ高い避妊効果を発揮してくれることはありませんし、副作用が出てしまう危険も増します。
特に3相性ピルの場合、服用を始めてから何日目かによって服用する錠剤が決まっているため、必ず正しい順番で毎日服用していくようにしていきましょう。